teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


使命

 投稿者:ゼロ  投稿日:2014年 3月28日(金)21時59分22秒
  遠回りし過ぎました。言葉では伝わらないのです。
それでも、彼らの役割は繋ぐことと伝えること。
私は能登の住人です。一度お会いしませんか。
もう一人の御方は実践しながらも、あまり時間がないと仰っております。
 
 

15年

 投稿者:Show-Time  投稿日:2012年11月20日(火)09時27分6秒
  昔懐かしい、アルカヘスト、ソリエル、宗教のるつぼなどなどの文字列を訳もなく思いだし、ネットで検索、残骸を見つけ、その中に15年程度前の私の投稿を見つけ、切れそうな静かな迫力を感じた。全く余裕のない流とは、今は受け流せば十分だろう。  

11月11日

 投稿者:Show-Time  投稿日:2012年11月10日(土)21時03分58秒
  明日は11月11日、私の誕生日である。
昨年は2011年11月11日で何かが起こる、とネットで流れたが、結局何も起こらなかったし、誰も起こしはしなかった。
明日はゾロでもないし、単に365分の1の確率で誰かが誕生日を私と同じく迎えるだけの日だろう。
確かに、数字には何等かの意味はあるのかもしれないが。
 

CM

 投稿者:Show-Time  投稿日:2012年 8月22日(水)22時58分38秒
  ブログ入れていないとCMが増えていくのか。
見られることの少ないブログにCM増やしても・・・薄く多くか。
 

11:11

 投稿者:Show-Time  投稿日:2012年 7月 3日(火)22時46分4秒
  誕生日と同じ11:11に時計を見るとなんとなくラッキーと感じていた。
今日は月に一度の白山ひめ神社と一閑寺詣での日、7年間一度もなかったことだが、一閑寺の扉に鍵がかかっていたので、そのまま帰ろうとした時、ふと帰ったら11:11になる、と思った。
15km程度は離れているので、信号待ちやその他道路の状況で思ったようにはいかないと思いつつ、自動車を走らせていると、11:11に吸い寄せられるように、帰った室内の時計は11:11分を示していた。
特にスピードを出した覚えもなければ、信号無視した覚えもないが、吸い込まれるように、という感覚がまさにその通りであった。
おもしろい一致だ。
 

2012

 投稿者:Show-Time  投稿日:2012年 3月15日(木)08時59分19秒
  1995年4月からそろそろ17年間が経過しようとしている。
興奮、恐怖、噴出、寂しさ、平常の大きな波が平穏化しつつ循環している感覚だったのだろうか。
2012年、いろいろと変化の年として言われているが、何があるのだろうか。
 

感傷

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2012年 2月11日(土)18時44分6秒
  このそば屋、10年はゆうに継続していると思う。
オープン当初のいきさつも含め、なんとも懐かしい感傷にひたれる。
その頃お会いした人々は今何する人ぞ。
 

自由と愛

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2011年11月25日(金)23時53分39秒
  放置状態のそば屋はいかがなものか。
自由とは「存在し続けようとする意志」だが、それは「より確かなものへと成長していこうとする」現れとなる。
力、富、地位、名声、頭脳、技術、美貌・・・
弱い自分を強くしていくベクトルが自由である。
もしかすると、強い自分を分かち合っていくことが愛なのか。
そういえば自分で「愛なき力、力なき愛は意味がない」と言っていた。
そういうことなのかもしれない。
 

真科学

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2011年 5月 6日(金)23時29分59秒
  エネルギーの概念、移動の概念、物質の概念
そういったものを覆す真科学を抵抗なく、そして多くの人々がジャンプする契機となるよう仕組んだ中で構築していくためには。
というバカバカしく聞こえるだろう話を久しぶりに友とした。
 

変化

 投稿者:show-Timeメール  投稿日:2011年 1月 5日(水)00時02分58秒
  2011年も明け、日常生活が戻ろうとしている。
今年はなんとなく契機となる年のような気がしている。
暮れになって特段の変化もなかったと書くかもしれないが。。。
ただ、一自治体で私の考案したシステムが導入され、稼働しだすことはおおむね決定されている変化ではある。
これがどれほど大きな影響力となり、どれほど大きな変化、どれほど多くの人々に喜びをもたらすことになるのか、そういった変化はまだ希望でしかない。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

雲のデザイン

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年11月28日(日)19時20分18秒
  雲だからなのか、その時の偶然性なのか
空が写る絵は、なぜかいいデザインが多いような気がする。
ダイナミックに繊細に、そしてやさしい
 

空と雲と樹

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年11月24日(水)22時06分33秒
  とてもさわやかで、美しく、やさしい自然といった感じかもしれない。
 

とぐろ巻く

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 8月19日(木)20時35分18秒
  不思議な文様のようなとぐろを巻く雲
寺院の上に何事だろうか。
空の変化には驚かされるばかり。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

天の優しさ

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 7月16日(金)06時05分38秒
  昨日の夕焼けは美しかった。
日本海側へのオレンジ色の落日
豪雨の雲の端で幾重もの紐状の雲が下から照らし出され
濃い藍色化した空とのコントラスト
画像に収めようとしたが、高速道路のサービスエリアからは樹木が邪魔している。
走行中は横に、前に美しさ、優しさを喜べるのだが
画像は撮れなかった。
ただ、天の優しさを感じ、とてもうれしかった。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

自然

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 7月10日(土)18時36分41秒
  自然を見て美しいと思うのは、人が自然の一部である名残であろう。
自然のリズムが人として本来あるリズムであり、成長期に刺激を求める頃を過ぎれば、そのリズムを取り戻そうとする。
人が自然を離れ、そして自然へ戻りたいと欲する時、自然は受け入れる意志があっても、受け入れる懐がなくなってしまっているかもしれない。
自然が美しいとしても、美しい自然はそこにはないかもしれない。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

出会い

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 7月 3日(土)10時35分33秒
  己が小さく、弱く、低い者のように思え、会うを求めることがない。
人として同位であるとして、土足で、無配慮に約束を取り付ける。
消極的といい、積極的といい

そろそろ思いに素直になった方が良いのかもしれない。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

ゲーム

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 6月26日(土)22時47分31秒
  ルールのないゲームなどない。
ルールがあるからこそゲームはおもしろい。
しかし、複雑すぎるゲームはこれを妨げる。
想像力とルールのバランスが大切。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

芸術

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 6月26日(土)09時02分34秒
  自然の芸術性は、自然が自然であるからであり、人が自然の身内だからだろう。
驚き、癒し、想像
青と白のコントラストは訳もなく楽しくなる。
なぜだろう。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

見えない雲

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 6月21日(月)21時31分59秒
  不思議な空に出会うこともある。
見える雲と見えない雲
見える雲の陰が見えない雲に映し出され、不思議な模様となる。
世の中見える雲が多いのか、見えない雲が多いのか。
見える雲ばかりに気をとられているが、世の中を決めているのは見えない雲の方が多いのかもしれない。
「お陰様で」
それは見えぬ温情に対する、現れてはいない者への感謝の気持ちである。
無知であることを知ることは難しい。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 6月19日(土)21時30分10秒
  ブログも1000投稿
別に何の変化もないが、それでも昔なら無限と同意
自己満足するわけでもないが、あいかわらず面白みのないことを続けたもんだと思う。
この間考えもせず、知人に言った言葉。
「怒りも遊びと考える」
腹が立ったら、腹が立っている自分の感情を楽しむ・・・といった感じの意味。
気のきいた言葉が出てくれば、聞く耳を持つ人も出てくるのだろうけど、そんなつもりもないし。
しかし、空は美しい。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

感動

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 6月 8日(火)23時25分45秒
  青が最も青くなる季節になってきました。
緑が浅い緑から除々に深い緑へと変わっていく季節になりました。
太陽のもとを歩くととても疲れますが、紫外線が変化を促そうとしているせいで、元気をどんどん使っています。
それでも、風は清らかに癒してくれます。
エネルギッシュな自然に感謝しつつ、「美しさ」に感動しています。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

いらっしゃいませ

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 2月14日(日)21時13分29秒
  力作を投稿いただきありがとうございます。
ただ気になる点が1点
物質的なものと精神的なもの、それらを区別する地点に立つだけでは理解しえない世界があります。
物質にも、植物にも、その他生物にも、そして人が創り出した物にも、原始的かどうかは別にして「意識」、「ある」という意志があり、これはその対象の単なる物質面と精神面に区分しているだけであり、不可分な質であるということです。
細胞は細胞という「己」があり、多くのそうした「己」が集約されている全体を「自分」もしくは核となっている重心を「自分」としているだけです。
ですから宇宙は全て無数の「私」からできており、その無数の「私」の全体が「神」、そして「神」が無数の「私」であると言うこともできます。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

神は存在するか

 投稿者:catbirdメール  投稿日:2010年 2月13日(土)00時29分4秒
  神は存在するか。では神とは何でしょうか。その問いに答えるには、まず私とは誰なのか考えなくてはなりません。大抵の人は、これが私ですと自分の体を指すでしょう。では仮に、手が切り取られたらどうでしょう。手と残りの体とでは、どちらが私でしょう。手は私では無く、残りの方が私ですと答えるでしょう。では首が取れたらどうでしょう。首の方が私ですと答えるでしょう。では脳をとりだしたらどうでしょう。脳の方が私ですと答えるでしょう。では脳を半分に切ったらどうでしょう。どちらが私でしょうか。脳を切り刻んだらどうでしょうか。どれが私でしょうか。脳の中のどの部分が私なのでしょうか。そもそも、体の中の物質は、3年に一回全てが入れ替わっています。では、3年後の私は私ではなくなっているのでしょうか。
赤いとか熱い悲しいとか感じている存在が私です。では、赤いとか熱いとかは物質でしょうか。赤い色は、心の外の世界には存在しません。物質の表面に当たって反射する光の波長が存在するだけです。では、音はどうでしょうか。心の外の世界には、色々な波長の空気の振動があるだけです。私たちが感じている音はありません。味はどうでしょう。同様に味もありません。臭いはどうでしょうか。臭い感覚は外の世界にはありません。硬い柔らかいと言う事は、在るでしょうか。それもありません。次々に心が作り出している感じを捨てて行きます。最後に残るのは、この範囲にあるものが存在している、そして時間が経過しここに移動したと言う、時と空間の直感だけです。
しかし、貴方が感じている時空間も、決して心の外にある時空間を、直接感じている訳ではありません。心が作り出した時空間を、感じているのです。仏教では色即是空と言います。貴方が見ているものは、心が作り出したもので、決して心の外にある存在ではありません。心が作り出したものは、消えたりもします。現れたり消えたりするので、是と言った実態はありません。つまり、有でも無でも無く空なのです。物質は無から有は生じません。有か無かのどちらかです。耳から聞こえる音も、鼻から匂う匂いも、舌の味も、肌から受ける触感も5感は全て空であると言っています。概念や意思も空なる存在です。ですから、赤いとか熱いと言った感じは、物質ではありません。幾ら科学が発達して全てを見ることが出来る顕微鏡が出来たとしても、脳の中を覗いたところで、熱いと言う感覚を見ることは出来ません。触ることも出来ません。ただ、私が感じるだけです。
この世の中には、物質でないものも存在しています。もし物質だけであったら、どうでしょう。ロボットは物質だけで出来ています。科学が発達し高性能なロボットが出来たら、人間と同じ反応をするでしょう。世間話をして冗談を言うでしょう。やかんに触れると熱いと言うでしょう。しかし、私たちが感じている熱さを、感じている訳ではありません。何かを感じていると言う事は、人間は物質だけから出来ているのでは無いことを証明しています。
心は外界に出来る限り似せて、心の中に世界を作り出しています。例えば部屋の中で、テレビを見ている様なものです。テレビは、実際の現場に似せて場面を作り出しています。しかし、決して現場そのものを見ている訳ではありません。あくまでも、テレビが作り出した場面を見ているだけです。部屋の中にいる限り、外の現場を直接見ることは出来ません。
花瓶を見たとします。眼が光の刺激を受けて、神経の中を信号が流れ、脳に到達します。脳がその信号を受けて、脳の中の物質の一部が花瓶に対応する動きをします。私は、その花瓶に対応する物質の動きを感じて、花瓶を感じるのです。カメラが光の刺激を受けて、ケーブル及び電波で信号が流れ、テレビに到達し、その信号をテレビが受けて絵や音を作りだし、それを私が見ているのと同じです。
テレビを見ているのが自分です。決して、テレビが自分なのではありません。では、脳と言う物質が私なのでしょうか。花瓶を感じているのが、自分なのです。脳と言う物質そのものが、花瓶を感じているのでしょうか。もしそうなら、そこらに転がっている石も何かを感じているはすです。本当に陽子と中性子の周りを電子が回っている存在が、何かを感じているのでしょうか。熱いとか悲しいと言う感覚は、決して物質ではなく、精神的な存在です。その様な精神的なものを感じている私は、物質ではなく精神的な存在なのです。決して、石や木が何かを感じている訳ではないのです。
テレビが壊れても、修理すればまた見える様になります。見ている私が壊れた訳ではありません。もし見ている私が壊れたのであれば、幾らテレビを修理しても元通りに見える様にはなりません。テレビを修理して、元通りに見える様になったと言うことは、私自身は何も変わってはいなかった事を証明しています。同様にもし病気で脳が壊れて、何も感じなくなったとしても、医学が発達して、脳を直す事が出来る様になれば、また私は前と同じ様に感じることが出来る様になるでしょう。この事は、私は何も変わっていなかったことを証明しています。病気をしても、年を取ってボケても、そして死んでも脳を元の状態に戻せば、元通り感じることが出来るので、私自身は何も変わってはいません。ただ脳が信号を送らなくなったので、何も感じなくなっただけです。テレビが壊れて直せなくなっても、新しいテレビを買えば元通りに見ることが出来ます。脳が死んでなくなっても、新しい脳が私に信号を送る様になれば、また元の通りに感じることが出来ます。
仏教ではこの事を、不生不滅・不増不減・不清不穢と言っています。私自身は、生じるものでも無くなるものでもありません。増えるものでも、減るものでもありません。清くなるものでも、穢れるものでもありません。宇宙の初めから存在しており、宇宙の終わりまで全く変わらずに存在するものです。
死んだ後の状態は、生まれる前の状態と何一つ変わりません。何か違いを指摘できるでしょうか。生まれる前の状態から、人は生まれてきました。死んだ後の状態から生まれることは、何ら不思議なことではありません。私自身は、死んだ後も何ら変わらずに存在しています。ただ、信号を送る脳が無くなったので、何も感じていないだけです。そして、新しい脳が信号を送り出したとき、私は又前と同じ様に感じるでしょう。ただし、人間の脳とは限りませんが。
私が感じている感じは感じ取る事が出来ます。しかし、それを感じている私自身を感じる事ができるでしょうか。達磨はインドから中国に来て、皇帝に「お前は誰か。」と尋ねられました。すると「そんな事は、私は知らない。」と答えました。私自信はどの様にしても感じ取ることは出来ません。
心の中の世界そのものが、私の一部なのです。心の中の世界に居る一人の私が、私なのではありません。仏教では、その1人を小さい私と呼びます。心の中の世界に居る敵も、私の一部なのです。ですから、キリストは汝の敵を愛せよと言ったのです。
人間より遥かに高性能な脳が私に刺激を送る様になれば、もっと豊かな世界が心の中に広がるでしょう。そう言う意味で、現在私が感じている世界は私の一部にしか過ぎないのです。限界はありません。脳と言う物質がどんどん進化して全知全能な物質になり、私に信号を与え出したら、私は全知全能になるはずです。仏教では、仏に成るのではない貴方が仏なのだと言っています。貴方は、自分の存在を疑えますか。デカルトは、全ての事を疑って見ました。しかし、考えている自分の存在だけは疑えないと言いました。
 

失礼いたしました

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2010年 1月24日(日)19時53分15秒
  個としての意味論は複雑すぎます。
存在が群として、濃度としてどこへ向かおうとしているのか、その中で個が落ち着くにはどうしたら良いのかを考えた方が楽です。
「群として、濃度としてどこへ」を認識できるかどうか、その位置へジャンプできるかどうか、それが大きなポイントです。
理解するのではなく、認識すること、それを超えれば、選択に悩む必要はないのかもしれません。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

お久しぶりです

 投稿者:ゼロ  投稿日:2010年 1月20日(水)22時01分41秒
   ある時、ゼロと無限の存在を知り、私が進む方向が全く逆方向であることに気がついた。私は、方向転換をして歩き始めた。逆に進むもの達に教えるが、聞く耳を持たず急ぎ早に進んで行く。ようやく、原点であるゼロにたどり着いたものの、その先を進むべきか否かを、我と相談しながら原点の周りをウロウロしている。先へ進めば幸せな日々が約束される。しかし、いつかまた原点に戻る日が来る。・・・であれば、ここに留まる事で無駄な労力を使わずに済む。しかし、そこには自分のことしか考えない我が存在する。

 手に入れたみなぎるほどの力も、今は不思議と静まりを見せる。凪の様な静寂の日々も、楽な半面憂鬱でもある。周りの環境が荒れても、その力に逆らうことなく、押されては引かれ、疲れることがない。やるべき事を知りながらも、そうしない我が行動を支配している。

 能登に住む私にとって、金沢に行くのは容易いこと。一度会いたいと思う反面、会う事の意味を我が考える。私は、いったい何をきっかけに動き出すのかが分からない。年齢的にも人生の折り返し地点である。このまま何事もなかったかの様にゼロにて終わるのか・・・
 

植物工場

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2009年11月21日(土)21時06分25秒
  LEDを光源に光色を調整しながら野菜などを育てる植物工場
赤色は成長を
青色は刺激、強さ
緑色はひ弱に
育つのだそうだ。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

10月12日

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2009年10月12日(月)21時21分39秒
  今日は太陽の日差しが眩しい雲ひとつない、画像ソフトで色を付けたような濃い青色の美しい雲ひとつない空
しかし、強すぎたのだろうか、妻も私も疲れてしまった。
夜になり元気は取り戻したが・・・。
紫外線は自由・変化
赤外線は愛・癒し
あまりに強い紫外線は死へと変化していく。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

易経

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2009年10月 8日(木)23時05分1秒
  前会社はどうなってしまうのかを易経の本で見ると「損」
再就職した会社で私はどうすれば良いかをみると「大壮」
易経を勉強したわけではないので、詳細なことはわからないが、結構自己流の見方で、その場、その時に合った結果が見られる。
「損」と言っても前会社が「損している」という意味ではないことは、解説書を読んでもらえばわかる。
いずれにしても、このタイミングで「損」とは、これまでも驚くほど、そのタイミングで、といった結果を見せてもらっている。
おもしろいもんだ。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

アイデア

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2009年 9月16日(水)08時43分36秒
  8月末に確立したアイデアを便利士に相談。
人が驚くようなアイデア的特許には該当しないだろうが、原理的なアイデアなので、何かの製品化を前提に取り込んだ特許はありうる、との検討結果。
国の企画公募で飛び込んできた、たぶん「まさにそれが利用」できるであろう公告、すぐに東京の知人に資料手配を依頼。
一定程度の開発資金が確保可能であれば、この企業と私と近くのソリューション企業とのタイアップで申請し、実現に向けて進みたい。
どうなることやら。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

2009年9月8日の出来事

 投稿者:Show-Timeメール  投稿日:2009年 9月13日(日)16時32分3秒
  9月8日は経営者に呼ばれ、突然前触れもなく、リストラ対象者であることを伝えられた。
新規ビジネスを企画し、進める担当であったが、経営が思わしくないらしく、投資部門は閉鎖されるとのことであった。
9日、経営者に呼ばれ出向くと、リストラの件はいったん預からせてもらい、就活は行わないでほしいとの依頼。新規ビジネス部門を失うことは、企業としての持続力までも失ってしまうとのこと。
10日は出張
11日、経営者、この会社との関係を維持できるやり方はないだろうか、と要望付きのリストラ宣言。個人的に8日に相談した企業へ再就職を依頼してほしい、と経営者に依頼。経営者はすぐに電話して、良い返事をもらったらしい。
というのも、8日には、今の体制が一応継続可能な企業へ就職の打診、おおむね了承されていたのである。
70人の企業からグループ企業計4200人の企業への転職ではなく異動?である。
そして、新潟参りは継続されるのであった・・・。

http://moon.ap.teacup.com/show-time/

 

レンタル掲示板
/10